親愛なる物語たち

囲炉裏端の青い犬07

橋を渡る老婆


その老婆は、橋を渡って隣の村からやって来る。
青い犬に会うためにやって来る。
たどたどしい足取りで、頼りない細い木造の橋を渡ってやって来る。 
青い犬は、その様子を心配そうにうかがいながら老婆に近づいていく。
こちら側の橋の袂で、彼女と同じ場所に腰を下ろす。

老婆が一方的に話し、青い犬はそれを頷く様に静かに聞いている。
川の水が流れる音と老婆の素敵なしゃがれ声は、混ざり合って心地よい音楽になる。
時々、彼女と彼は目を合わせると、老婆は決まって少女の様に無邪気な笑い声をあげる。

夕暮れ時、オレンジ色に染まっても、その橋は相変わらず頼りなさそうだ。
そのオレンジ色の橋を一歩一歩確かめる様に歩いて、老婆は隣村に帰って行く。

「あの橋は、とても素敵なんだ。
   俺の大切な友達を通してくれる。
   あの橋が無かったら、彼女には出会えなかっただろうね。
   壁は嫌いだけど、橋は好きだよ。
   壁は色々なものを遠ざけ拒絶するけど、橋は繋いでくれる。
   沢山の素敵な橋が、色々な場所に架かると良いね。
   勿論、心の中にもね。」

そう言った青い犬は、囲炉裏端で気持ち良さそうに伸びをした。
 

 

writing : イヌノラジオ
painting : が~でん

囲炉裏端の青い犬 back number