言葉を編む写真たち

えんばんいぬ!15

幸せ笑顔のえんばんいぬ!

 

9歳の時に捨てられてた。
だけどね、沢山の優しい人達が心と心を繋いでくれて、
10歳の時に、大好きなママの家族になった。
それと同時に、えんばんいぬ!にもなったんだよ。
 


今は11歳、ママと一緒に大会にも出てるのさ。
えんばんいぬ!になるのに「歳をとりすぎた、もう遅い。」なんてことはないんだよ。
君が、たっぷりの愛を円盤に乗せて投げれば、このとおり!
えんばんいぬ!は、溌剌とその円盤を追いかける。
 


この小さい身体で、色々と辛いことも経験してきたんだろうね・・・
でも、そんなことは関係ない、全部忘れてしまったさ。
とても濃縮された時間を生きているからね、
忙しくて昔の嫌なことを思い出す暇なんかありゃしない。
ママの家族になって、
えんばんいぬ!になって、
ママの投げる円盤をキャッチして、
毎日を元気に生きてる。
 


どうだい?この笑顔。
最高だろう?
これ以上の笑顔には、なかなか出会えないよ。
幸せを沢山くれるママが一番喜ぶプレゼントは、「僕の笑顔」だっていうことを知っているのさ。

えんばんいぬ!の笑顔は、ママやみんなを幸せにするんだ。

 
dog : 望
photos ①~③:T.Kuribayashi
photo ④:Etsuro Iwanami
writing:イヌノラジオ

えんばんいぬ! back number