コンゴの森の冒険者ハンク

喧嘩をしない類人猿


ゴリラとチンパンジーが同じ木にいる!
お互い特に気にかけることもなく、イチジクの実を食べている様子だ~。
ぼくちんは彼らのそうした穏やかな姿にすっかり見入っている…。

ゴリラとチンパンジーって、同じ類人猿だよあ~。
ともに似たようなものを食べているはず。
だからきっとお互い近寄ったら喧嘩でもしそうに思えるけど…。

ゴリラは地上を歩くことが多い。
チンパンジーは木の上での生活が基本だ。
でも両方とも果物が大好きだもんな!

そういう似たような動物…。
普通は一緒の場所に生きられないんじゃない?
ぼくちんはネコ同士の縄張り意識を思い浮かべていたんだ~。

よく見ると、ゴリラとチンパンジーは少しはお互い距離をとっている…。
でも相手を威嚇したり、追いやったりはしていない。
ただ黙々と、みんなイチジクの実を食べているだけ~。

まだ日もそう高くない柔らかな森の日だまり…。
あたりは静けさに包まれている。
なんか、こういうのを本当の平和っていうんかな~。

ひとときが経った~。
アンボロは木陰で少し昼寝をしているようだ。
優しい人は変わらず一心不乱に双眼鏡で眺めている…。

ぼくちんの耳元がなんかうるさい…。
コバエでも飛んでいるのかしら~?
でもだんだんその数は増えてきているように思える。

横を見ると、優しい人も耳のあたりを手で払っている!
帽子の周りには小さな黒い虫がたくさん飛んでいるのがみえる…。
あー、少しうっとうしくなってきたぜ~。

writing : ハンク

コンゴの森の冒険者ハンク back number