コンゴの森の冒険者ハンク

うんちの中身


優しい人はそのへんに落ちていた木の棒を手に取った。
そしてその棒で、目の前のゴリラのうんちを崩していった!
いったいなにをするんだ???

まず棒の先端を鼻に近づけた!
なんと、優しい人はゴリラのうんちの匂いを嗅いでいるんだ~。
げー!
 


ぼくちんもうんちに鼻を近づけた…。
あれ、不思議な匂い!
ぼくちんも自分のトイレのあと、うんちの匂いを嗅ぐけど、それとは大違いだ。

ゴリラのは確かにうんちだとわかる匂いだけど…。
まるで草の香りが漂ってくる~。
ぼくちんとは食べ物が違うのかなあ?

優しい人はさらにうんちの中身を点検し始めた。
あれー、出てくる、出てくる!
いろんなフルーツの種が…。

うんちに種が含まれている???
えー、どういうことだ?
優しい人は種の種類やその数などをノートに記録している…。

そーか、ゴリラは森のフルーツをいろいろ食べるんだな。
てっきりフルーツの中の固い種は口の外に出しているんだと思っていた。
でも、きっとそのまま種も飲み込んじゃうんだ~。

種は固くて消化されない…。
それでそのままうんちに出てくるというわけだ!
ぼくちんはそんなフルーツさえ食べないから、そりゃ大違いだ。

でも、種以外の部分はほとんどが植物の繊維みたい…。
ゴリラはきっと森の中でいっぱい草や葉っぱを食べているんだろうなあ~。
ぼくちんみたいに、ネズミや虫を食べたりしないのかしら?

writing : ハンク

コンゴの森の冒険者ハンク back number