コンゴの森の冒険者ハンク

整然とした軍隊!


整然としたサファリアリの隊列。
その両側には、何匹もの大きめのアリが等間隔に微動だにしている!
大きく鎌を上げて、その脇を移動する隊列をまるで防御するかのように…。
 


それは武器を持って立ち上がっている姿に見える。
大きな鎌をもっているから兵隊アリ?
すると中央を歩く小型のアリは働きアリか?

こりゃ、まるで軍隊だ!
ちょっとでもこの隊列を乱すものがあれば、ただちに兵隊アリは動くのか?
あれだけの数のこのデカイ鎌にやられたらひとたまりもないよな!

アンボロの近くにいた優しい人が少し移動した。
すると、またたくまに…。
その隊列の両側にいた兵隊アリがせわしなくあたりを動き始めた!

まるで、緊急事態が発生したのを確認するかのように~。
危機が迫っていればただちに、鎌を振り上げて相手を翻弄しようと…。
そんな勢いだ!

結局、サファリアリにとって異物は発見されなかったようだ。
敵の来襲がなかったと判断したのか、兵隊アリは落ち着いてきた。
優しい人が近くを歩いたときに発生した微妙な振動にでも感応した?

ぼくちんらはその場を離れることにした。
なんだか、さっきより森の中が暗っぽい!
ナマ暖かい風が木々の間をときおり吹き抜けていく~。

writing : ハンク

コンゴの森の冒険者ハンク back number