コンゴの森の冒険者ハンク

パンツの中へ!


ぼくちんは床をぴょんぴょんジャンプしながら移動~。
なんとか、アリから難を逃れようとした!
でも、床の上のアリの数も尋常じゃないぜ。

優しい人の髪の毛の中にもアリが入ったのかな?
しきりに頭の毛の中に指を突っ込んでいる!
やわらかい頭皮に噛み付いたアリを一匹ずつ取ってんのかしら?

あー!
優しい人はパンツも脱ぎ始めた!
ベッドの上で立ったまま~。

パンツの中にアリが侵入したのかな?
アリの顎は強そうだから、きっとどこでも噛み付くに違いない。
でも、パンツの中はもっとターゲットになりやすい…
 

やわらかいものだったら、きっともっと噛みつきやすいもんな!
股の間のやわらかいものを噛まれたらもっと痛いだろうに!
優しい人は痛そうな顔をして、そこに忍び込んだアリを取り払っていた!

少し落ち着いてきたのかな?
優しい人は床に降りた!
でも床にもアリはわんさといるから油断はならない。

アイテッテッテー!
優しい人はときどきそう奇声を上げながら…。
炊事場の近くに数歩近寄った!

そして小さなタンクを開けた。
ストックで置いてあった何か液体を少しだけ床に垂らしたぞ~。
ぼくちんはあまりその匂いは好きじゃないんだけどなあ…。

writing : ハンク

コンゴの森の冒険者ハンク back number