コンゴの森の冒険者ハンク

アリと格闘


チクンとする激しい衝撃で、ぼくちんと優しい人は起こされたんだ!
まだ夜の闇は深い時刻~。
そして懐中電灯の光の向こうに見えたのは…。

ベッドの白いシーツの上にうごめくもの…。
それは茶色っぽいアリだった!
よく見慣れたシロアリとは違う~。
 


ぼくちんはとっさにベッドから降りる。
でも降りた床の上は…。
なんと、そこもシャワシャワと同じ種類のアリが!

その数は並大抵じゃない!
それぞれが右往左往している~。
ひっきりなしに動き回っているんだ。

ぼくちんも一箇所にとどまって入れられない。
足を止めるやいなや、アリが一匹ずつぼくちんの足を這い上がってくる!
次々と!!!

そして、あちーっ!
こいつらの噛み付く力の強いこと!
だから部屋の中を飛び跳ね、飛び跳ね…。

ぼくちんは爪で、足に噛み付いたそのアリをひっかくんだ。
でもね、なかなかアリは離れない!
顎の力がたまらない…。

優しい人もベッドの上で格闘している!
そう、まさに格闘。
からだじゅうに噛み付いているらしいアリを取り除くのに懸命だ…。

writing : ハンク

コンゴの森の冒険者ハンク back number