コンゴの森の冒険者ハンク

群がる人や動物


夜露をたたえた森の葉っぱは朝日を受けてキラキラまぶしい。
大きく息を吸いながら、新鮮な森の空気の中を歩いていく。
この間見た巨大な塔のあたりまで近づいた。

ん?なんだか人の声が聞こえる。
4−5人はいるだろうか?
どうやら彼らの話し声はちょうどその塔のあたりからだ。
 


人だけじゃない。
塔の上や周辺になにかいるぞ!
ひらひら小さい昆虫みたいなものがたくさん飛んでいる。

人々はしゃべっているんじゃないな。
お互い喜々と奇声をあげているみたいだ!
近くの大きな木の後ろに隠れてしばらく様子を見よう~。

なんと、人々はその昆虫を捕まえている!
しかも素手で!
その虫たちは飛んでいるけど動きは敏捷でなく、どんどん容器に入れられる。

近くの木でサルが騒いでいる。
そのやや上の方の枝では大きな鳥も羽をばたつかせている。
どうやらサイチョウの群れだ。

サイチョウは高くまで飛翔してきたその虫を狙っているようだ。
その証拠に虫が近くにひらひら近寄ってくるや否や~
わずかに飛び立ち、その虫をクチバシで捕らえた!

しばらくすると人々はその場を離れていった。
ぼくちんは好奇心で巨大な塔に近づいていった~。
そこで見たのは…!

writing : ハンク
illustration : ちくわ


 

コンゴの森の冒険者ハンク back number