コンゴの森の冒険者ハンク

夜に大きな悲鳴!


シロアリとの戦いを終えたササ。
隊列を組み直して、元の巣穴に戻っていく。
ぼくちんはじっとその一部始終を見ていた!

すさまじい戦い。
おびただしい数の戦利品としてのシロアリの死体も運ばれる。
同時に、殉死した仲間の遺体も同じく巣に運び入れている!

死んだ仲間も巣に運ぶとは…!
それも全部、巣の中にいる女王様に捧げるのかなあ?
なんと律儀なことよ!

やつらは、毎日、戦闘に繰り出す!
それがやつらの生きる証で、なりわいなんだろうな。
生死をかけた戦いで、自らも生き残っていく!学ぶところは多いぜ。

ときどき、巣穴の場所も違っている。
それぞれの集団で縄張りがあって、その範囲内で巣穴の場所は変わるのかな?
さすが軍隊アリと呼ばれるくらい、移動生活とシビアな戦いの毎日!

でもやつらには夜に注意が必要だ!
ササは夜も出歩くことがある。
暗闇でうっかりその隊列を踏んだらたいへん~。
 


やつらのお尻から出入りする針に足を刺されるんだ!
ぼくちんも何度かやられた~。
ぎゃー!って、思わず叫んでしまうくらい強烈に痛い。

しかもこの針、一回限りじゃないんだ。
ハチの持つ針とは違って、出し入れ可能で、何度でも使えるらしい。
この針もシロアリとの戦闘に、有力な武器として使ってるんだろうなあ~。

writhing : ハンク
illustration : ちくわ

コンゴの森の冒険者ハンク back number