コンゴの森の冒険者ハンク

カラフルな昆虫を狙え!


森の中や森の周辺の草むらはぼくちんにとって大きな狩猟場だ。
夕方になれば、優しい人が豆をくれるときもあるけど…。
昼間は動くやつはどんなやつも逃すまい!

特に、バッタやコウロギは植物と保護色なんだ。
ヤツラが草むらの中でじっとしているときはなかなか見つからない。
狙い目は彼らが飛んだ瞬間だ!

いったん草むらから飛び出すとヤツラは意外と目立つんだぜ。
ベースの色は緑や茶色。
でも、よく見るとけっこう派手な色合いをしている。
 


ただ、ヤツラも敏感だ。
ぼくちんが忍び寄って、襲いかかろうとする。
しかし、次の瞬間にはパッと飛んでいってしまうんだ。

負けてなるものか!
ぼくちんは神経を研ぎ澄まし、そしてハンティングに夢中になる。
照準を合わせ、一球入魂、いざジャンプ!

でも、ときどき背中に針みたいに尖ったトゲを持っているヤツもいる。
これには要注意だ!
うっかり口にしたら、舌に傷がついちゃうぜ~。

チョウやセミに比べて、ヤツラは食い甲斐がある。
けっこうお腹がでかいやつもいるしなあ。
それに、飛ぶ一瞬を捉えるのは、なんとも言えない快感がある!

writing : ハンク
illustration : ちくわ

コンゴの森の冒険者ハンク back number