虹かかる庭のエッセイたち

ほんこん、ふたりくらし。24

 

窓ガラスを流れる雨。
楽しみにしていたハイキングは、キャンセル。( 涙)
ひとりくらしのときには、憂鬱に感じた雨だけど、 ちくわと一緒なら雨の日を楽しむこともできます。

ちくわとたのしむ
ほんこんのあめ。

 
illustration & writing:ちくわ

ほんこん、ふたりくらし。 back number